毎日更新頑張ります!最近のブログ記事一覧

ノルウェーサーモンの危険性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノルウェーサーモンの脅威

1.サーモン養殖魚は麻酔薬やワクチンを摂取させられ養殖魚の
いけすへ送られる

2.不衛生ないけすの中には病原菌、 細菌、フナムシなどが繁殖

3.与える餌の配合成分:

・ 遺伝子組み換え
・(薄いピンクになる)色素配合
・ 豚や鶏の原料入
・ 殺虫剤成分
・ PCB(ポリ塩化ビフェニル)が混入した脂肪
・ フナムシを殺す化学薬品、病原体の 集団感染を防ぐ抗生物質

4.これらの餌を食べ続け薬漬けとなったサーモンが出荷(日本に輸出)

5.スーパー、コンビニ、レストラン、回転すし店などへ流通

どうせ日本人が食べるものなんて何も考えていません。

愛情、こだわりなんてものはないんです。

引用先

http://shinhakken-blog.seesaa.net/article/417655265.html

最近では国産サーモンが出回り始めています。

僕の店では奥飛騨で養殖しているサーモンを使用しています。

現地まで行っていろいろ教えていただきました。

まず水がとても綺麗でした。サーモンと言っても鱒の大きくなったもので

遺伝子組み換えではなくて染色体操作により子供をできなくして大きく

育てる方法をとっています。

そして出荷までにかかる年月はなんと3年。

ちなみに豚は10ヶ月、牛は30ヶ月とされていますのでとても貴重と言えます。

飛騨だけではなくて信州でも養殖しているようです。

また調べてアップしていきますね。

喰快のレシピはこちらから
http://izakaya-kukai.com/category/recipe/

 

関連記事

<居酒屋 喰快>のおしながき

おしながきバナー(450×200)

<居酒屋 喰快>のアクセス

空間バナー(450×200)

毎日更新!オーナーのつぶやき

  1. 2017.6.1

    喰快こだわりの商品のご案内

    ついに本格的に始動致します!昨年より徐々に増やしてきた物販商品。
  2. 2017.5.24

    ながやめん本舗 こだわりの乾麺!!

    文殊にゅうとんの田中さんよりご紹介頂いた株式会社ナガヤワークスの長屋雅堂(ながや まさたか)さん...
  3. 2017.4.5

    【無農薬米ササニシキ】ができるまで。(岐阜高山)

    無農薬米を作る大変さ、これは作り手にしか分からずあまり情報が無いのも現状です。

ご家庭で<喰快>の技と味!レシピ情報

  1. スペアリブのキャラメル煮スペアリブってどんなお肉?これは骨つきバラ肉の事です。
  2. 長芋料理長芋とオクラのわさび漬和え長芋はやや太めの棒状に切る。
  3. 鮭が美味しい季節です。