毎日更新頑張ります!最近のブログ記事一覧

鮎の串打ち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鮎の串打ち

鮎は鮮度が命です。身は持ちますがお腹から痛んでいきます。
天然の鮎には腹抜き、腹入りがありますがより痛みをなくし長くもたせたい
場合は釣り上げた時にすぐお腹を抜いてしまって出荷します。
型の大きく型の揃ったをその日に召し上がっていただく場合できれば
腹入りの方が内蔵の旨味も堪能できますのでオススメです。

ということで腹入りの鮎を串打ちする場合鮎自体をしならせて打っていきますのでお腹が割れないようにそして泳いでいるかのように串打ちします。
(結構難しい)
しかし少し慣れれば知っているだけでバーベキューなどで大活躍間違い無し。
動画をご覧ください。

鮎だけではなく色々な魚に応用が利きます。
まずは鮎の頭を手前におき左が背にしてまな板におきます。
下側になった目から串を入れて中骨を縫っていくように打っていきます。
塩はヒレに多めにつけていきます。
焦げるのを防ぐ作用があります。
鮎自体の旨味を生かすため身の方にはあまり塩をしない方が良いでしょう。
ヒレの塩だけで十分です。

それではやってみてください。

関連記事

<居酒屋 喰快>のおしながき

おしながきバナー(450×200)

<居酒屋 喰快>のアクセス

空間バナー(450×200)

毎日更新!オーナーのつぶやき

  1. 2017.6.1

    喰快こだわりの商品のご案内

    ついに本格的に始動致します!昨年より徐々に増やしてきた物販商品。
  2. 2017.5.24

    ながやめん本舗 こだわりの乾麺!!

    文殊にゅうとんの田中さんよりご紹介頂いた株式会社ナガヤワークスの長屋雅堂(ながや まさたか)さん...
  3. 2017.4.5

    【無農薬米ササニシキ】ができるまで。(岐阜高山)

    無農薬米を作る大変さ、これは作り手にしか分からずあまり情報が無いのも現状です。

ご家庭で<喰快>の技と味!レシピ情報

  1. スペアリブのキャラメル煮スペアリブってどんなお肉?これは骨つきバラ肉の事です。
  2. 長芋料理長芋とオクラのわさび漬和え長芋はやや太めの棒状に切る。
  3. 鮭が美味しい季節です。