毎日更新頑張ります!最近のブログ記事一覧

赤身の魚、白身の魚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【赤身と白身と青魚】

赤身魚?

身が赤い魚のことです。白身魚?

身が白い魚のことです。

青魚?

背中が青い魚のことじゃないですか?

じゃあアジはって?サケはって?

Google先生が丁寧に教えてくれますよ。

……と思っていたのは約1年前まで。

「サケが白身」なのはご存知の方もいらっしゃると思いますが、話の途中で出て

きたのが「白身魚と赤身魚の違いは筋肉に含まれるミオグロビン・ヘモグロビン

(色素タンパク質)の量によるものです。水産学では100gあたりのヘモグロビン

とミオグロビンの含有量が10mg以下のものを白身魚、10mg以上のものを赤身魚

としています。」

という話。

( ゚д゚)!?……聞いたことないぞ……と思ったんです。

本棚の肥やしと化していた海洋水産ハンドブック(英語の辞書くらいのサイズの専

門書。文字も辞書サイズです。)にも載ってないし……。

見てから考えれば、そりゃそうですよ。見た目での分類という極々初歩的な分類

なんですから、専門書ではスルーなのかなァと思い、もやもやを抱えたまま今日

まで生きてきたのですが、調べてみました。

どこの先生方が決めたのか、Google先生に調べてもらいました。

結果わかったのは、

「赤身 白身 10㎎」でGoogle検索をすると、2006年1月14日以降しかこの話が

出てこない。ということだけ。

(言わせてもらえば100gあたりの含有量なんて部位によって違うだろうし、1匹ま

るっとすり潰して平均したって同種の魚でも大きさによって違うだろうし、

10.01mgと9.99mgの魚はガクジュツテキに区別するほど違わないだろうし、10㎎

「以上・以下」って日本語としておかしいだろ「以上・未満」だろって話です。)

とりあえず自分の中ではガセ認定です。

と言いつつ、ちゃんと資料があるかもしれませんので、知っている方がいらっし

ゃいましたらお手数ですがご連絡をお願い致します。

関連記事

<居酒屋 喰快>のおしながき

おしながきバナー(450×200)

<居酒屋 喰快>のアクセス

空間バナー(450×200)

毎日更新!オーナーのつぶやき

  1. 2017.6.1

    喰快こだわりの商品のご案内

    ついに本格的に始動致します!昨年より徐々に増やしてきた物販商品。
  2. 2017.5.24

    ながやめん本舗 こだわりの乾麺!!

    文殊にゅうとんの田中さんよりご紹介頂いた株式会社ナガヤワークスの長屋雅堂(ながや まさたか)さん...
  3. 2017.4.5

    【無農薬米ササニシキ】ができるまで。(岐阜高山)

    無農薬米を作る大変さ、これは作り手にしか分からずあまり情報が無いのも現状です。

ご家庭で<喰快>の技と味!レシピ情報

  1. スペアリブのキャラメル煮スペアリブってどんなお肉?これは骨つきバラ肉の事です。
  2. 長芋料理長芋とオクラのわさび漬和え長芋はやや太めの棒状に切る。
  3. 鮭が美味しい季節です。