毎日更新頑張ります!最近のブログ記事一覧

カツオの鮮度の見方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カツオの鮮度の見方。

 スーパーで買い物をする時、サクかお刺身で売っていますよね。
カツオの鮮度は物によってかなりの差が出ます。
ポイントがあります。
それは身自体の色を見るのではなくて皮目の色を見てください。
皮目が黒ずんで来ているものは身自体が綺麗な色をしていても鮮度が悪いと言えるでしょう。
魚は下さずに保管してある場合、皮目から傷んでいきます。
傷んだ物を下ろすと外から傷んでいきますので真ん中の部分は綺麗な場合が多いからです。
ちょっと気にして買って見ましょう。
また僕たちが買うときはおろしたものでは無くて一本買が多いのでもっと難しくなって来ます。
触って見たり産地、輸送ルートなどを気にしながら買っています。
ある意味切り身で売っているのはよく見るだけで鮮度がわかりますから便利ですね。

こちらも一理あります

スーパーなどでは、通常は半身、サク、刺し身などいろいろな状態で販売されています。
かつおに限らずほとんどの魚は、空気にふれる表面積が多いと鮮度の落ちが早くて少ないと遅い、というのが原則です。
つまり、すぐ食べるのでなければ刺し身よりサク、自分でさばけるのであれば半身の物を選びましょう。
カツオは当たり外れが多い魚ですから、贈答用などでない場合はできるだけ下ろしてあるものが無難です。
色は鮮明な赤い色がよく、皮と身の間に脂肪が多くあるものを選びます。
ただし、脂肪の多いものは鮮度の落ちが早く、鮮度が落ちるにつれ生臭さが増します。
また、切り口が虹いろに光っているものは鮮度がよくないのでやめましょう。

http://www.geocities.co.jp/Foodpia/8842/katuo04.htm

カツオのレシピはこちらから

http://izakaya-kukai.com/カツオの琉球(大分郷土料理です%E3%80%82丼にしてもか/

関連記事

<居酒屋 喰快>のおしながき

おしながきバナー(450×200)

<居酒屋 喰快>のアクセス

空間バナー(450×200)

毎日更新!オーナーのつぶやき

  1. 2017.6.1

    喰快こだわりの商品のご案内

    ついに本格的に始動致します!昨年より徐々に増やしてきた物販商品。
  2. 2017.5.24

    ながやめん本舗 こだわりの乾麺!!

    文殊にゅうとんの田中さんよりご紹介頂いた株式会社ナガヤワークスの長屋雅堂(ながや まさたか)さん...
  3. 2017.4.5

    【無農薬米ササニシキ】ができるまで。(岐阜高山)

    無農薬米を作る大変さ、これは作り手にしか分からずあまり情報が無いのも現状です。

ご家庭で<喰快>の技と味!レシピ情報

  1. スペアリブのキャラメル煮スペアリブってどんなお肉?これは骨つきバラ肉の事です。
  2. 長芋料理長芋とオクラのわさび漬和え長芋はやや太めの棒状に切る。
  3. 鮭が美味しい季節です。